HOME > HARENOHIの日本茶

HARENOHIの日本茶

国産&産地厳選の茶葉、原料

様々な種類を取り揃えた、HARENOHIの日本茶。
「晴れの日」にふさわしい、より美味しいものを味わっていただきたくて、種別に産地も選り抜きました。
北は新潟の村上茶から京都の宇治茶、南は福岡の八女茶、鹿児島のかぶせ茶…全国各地の銘茶が揃いました。
また茶葉だけでなく、ブレンドティーの原料であるドライフルーツやハーブも国産にこだわり、入手に苦労しながらも贅沢に使用。
さらに、例えば玄米茶は「日本一の米どころ=新潟のコシヒカリ玄米に、同じく新潟の『村上茶』をブレンド」するなどの遊び心も加えています。

日本茶鑑定士 監修

茶産地・静岡にて創業60年の茶問屋三代目店主・小松幸哉が、HARENOHIで扱うすべてのお茶のクオリティーを管理しています。
農林水産大臣賞・静岡県知事賞・東京都都知事賞など数多の受賞歴を誇る伝統ある環境の中で、昨今は新たな開発・提案も。 国内にたった37名しかいない日本茶鑑定士でもあり、茶鑑定技術6段、日本茶インストラクター、手揉教師などの資格にも裏付けされた確かな審美眼から、HARENOHIの日本茶は生まれています。

ティーバッグへの工夫、こだわり

HARENOHIの日本茶は、現代らしい形で幅広い方に楽しんでいただくため、大切に茶葉を包む「ティーバッグ」に仕上げました。
通常ならティーバッグには詰めないようなハイランクのお茶を贅沢に使用しているのは、メッシュから透ける美しい茶葉で一目瞭然。
ティーバッグの良さを活かし、且つ美味しく召し上がっていただけるよう、工夫を凝らして作っています。

トップページへ戻る



営業日カレンダー